緊急事態宣言が全国で解除され、新型コロナウイルス感染症は一旦終息しました。しかし感染症は簡単には収まらないものですから、今冬気温が下がれば再び第二波が襲来する可能性があります。さらに自粛ムードやソーシャルディスタンスの影響が営業の足かせとなり、消費支出の大幅な伸びは期待できません。しかも、消費税増税の影響で昨年10から12月の第三四半期に、GDPマイナス7%の記録的な景気悪化を引きずったままです。このようにどこにも明るい話題は無く、年内は木枯らしの吹きすさぶ、厳しい状況が続きそうです。

 

しかし来年になると見えてくる景色がガラッと変わる可能性が高いと考えられます。それは

①テレワークやオンライン会議の浸透により業務効率化が進展し、企業業績が改善に向かう。

➁オンライン化で住宅やオフィスの立地が都心から郊外に移り、日本列島の効率性が改善する。

③5Gの進展により、自動運転車の開発やバーチャル会議、遠隔診療などの新技術が開花する。

④海外に生産拠点を置いてきたいわゆる空洞化現象が逆回転して、国内への回帰が本格化する。

➄原油価格の低迷が長期化し、日本の貿易収支黒字が拡大するので、良性のデフレが進展する。

⑥先進国中最低の致死率となった日本に世界から注目されて、日本への観光需要が急回復する。

全てが実現するとは限りませんが、新型コロナは日本に多くのメリットをもたらしそうです。

 

戦後の歴史を振り返ると、日本が大きく成長した1960年から1990年の30年間、バブル経済崩壊後の1990年から2020年までの30年間、振り子は大きく端から端に振れました。そして2020年からもう一度振り子が日本を成長させる方向に振れるために、今回の新型コロナはそのきっかけを作ったかもしれません。「災いを転じて福となす」ことを世界に示して、世界から注目される日本になりたいものだと思います。

 

Category: 未分類
You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.